グルコサミンとコンドロイチンのことなら

階段の上り下りや立ったり座ったりがスムーズにできない?

 

膝の調子がイマイチで階段の上り下りがぎこちなくなった!
     (特に朝起きてすぐは情けない…)

 

立ったり座ったりという動作がなんだかおっくうになった!
     (つい座ったまま事を済まそうとして笑われる…)

 

原因は、その多くが誰もがご存じのあの物質、グルコサミンが齢とともに少なくなっているからなのです。
グルコサミン不足で、膝の関節の軟骨がすり減ってしまったからです。
これは、関節痛の前兆です。早めに対処しましょう!

⇒グルコサミンとコンドロイチンの違いについての説明はこちら

 

もちろん、関節痛の原因はほかにもいろいろあります。
いずれにせよ、関節痛はその原因に合った適切な対策が必要です。

⇒関節痛の様々な原因と対策はこちら

齢とともに現れる関節痛には、まずグルコサミンのサプリメント

グルコサミンもコンドロイチンのどちらも、もともとは体内にある物質なのですが、年齢を重ねると体の中で作られにくくなってくるため、その結果として関節痛などの症状として、またそこまでいかなくてひざの不具合といった形であらわれてくるのです。
その対策としてサプリメントなどでこれらグルコサミンとコンドロイチンを補ってやる必要があるのです。

⇒グルコサミンとコンドロイチンの効果についての説明はこちら

グルコサミンのサプリメントを飲み続けてみました

テレビや新聞であれだけ「グル、グル・・・グルコサミン」と言われると、齢とともに動きが鈍くなってきたら
グルコサミンを飲まなきゃいけないという気になりますよね。
私も、当然のように「何でもいいからグルコサミンのサプリメントを…」と思って、さまざまなメーカーのグルコサミンを飲んでみました。
その結果、感じたのは「確かにグルコサミンはひざの関節に効く」ということです。
そして、その効果はすぐに出るものではなく、「ある程度の期間飲み続けて初めて効く」ということでした。

⇒グルコサミンとコンドロイチンの効果についての説明はこちら

グルコサミンのサプリメントって毎日大量に飲むのが普通

グルコサミンは10日間から半月、毎日飲み続けた結果、その効果を実感することができました。

 

でも正直言って、毎日飲み続けるのは結構大変でした。
というのは1日に飲まなければならない量が半端ないんです。
しかも粒が普通の錠剤の薬に比べるとでかいんです。
しかも、年寄りにはグルコサミンのサプリメント以外にコレステロールだのなんだのと
毎日飲まなきゃならない薬がほかにもいろいろもあるんですよね。

 

そこで、参考までに有名なグルコサミンのサプリメントについて、1日(1回)の飲む量を調べてみました。

 

世田谷食品 8錠
えがお     8錠
小林製薬   7錠
アサヒ     10錠
ファンケル    6カプセル

 

このようにグルコサミンのサプリメントは他のサプリメントに比べ、1日あるいは1回の摂取量が多いです。
1回に8粒だの10粒は結構大変です。
これではいくら関節痛に効くとは言っても飲み続けるのは大変です。

1日1粒でOK、飲みやすいN-アセチルグルコサミン

やっと安心して飲み続けられるグルコサミンのサプリメントを見つけました。

 

グルコサミンから進化した「N-アセチルグルコサミン」のサプリメントです。
これは何と1日1粒でOK、しかも口の中で溶けるので水なしでも飲める(しかもおいしい)というすぐれもの。
最近急に注目を集め始めました。
これはパイオニアのUMIウェルネスはじめ、複数のメーカーから発売されています。

 

⇒N-アセチルグルコサミンの特徴についての説明はこちら

⇒UMIウェルネスの天然型「N-アセチルグルコサミン」についての説明はこちら

それでもグルコサミンの効果に満足できない方に

N-アセチルグルコサミンの効果だけではイマイチという、関節痛やリウマチで悩む方(特に痛みで悩む方)には、さらに
ハーバード大学で開発された新軟骨成分「非変性U型コラーゲン(UC2)」入りのサプリメントをおススメします。

 

UC2は、グルコサミンとコンドロイチンの2つの成分を同時に摂った効果を、それらより2倍以上も早いスピードでもたらすといわれています。
UC2は米国で特許を5件取得し、開発時には有名な科学誌『サイエンス』に掲載され一躍注目を集めた次世代軟骨成分です。

 

非変性U型コラーゲン(UC2)についての詳しい説明はこちら

N-アセチルグルコサミンは乳製品でも摂れます

N-アセチルグルコサミンはサプリメントで摂るのが最も簡単で効果的です。
牛乳でも摂れますが、普通の牛乳なら毎日10リットル必要です。
でも、N-アセチルグルコサミンを加えた牛乳もあります。

 

N-アセチルグルコサミン強化の乳製品はこちら

参考:そのほかのおススメのグルコサミンサプリメント

1日1粒ではありませんが、いくつかおススメできるグルコサミンのサプリメントがあります。

⇒その他のグルコサミンのサプリメントはこちら